医療用ユニフォームの進化

病院やクリニックといった医療機関におけるユニフォームは白衣というのが定番でした。

白は清潔な色と考えられており、清潔さが何よりも求められるそういった場所にはぴったりのカラーであると考えられてきたのです。男性医師にせよ、女性医師にせよ、看護師にせよ、言語聴覚士にせよ、皆が白衣を着て仕事をする、というのが当たり前だと考えられてきました。

しかし、すこしずつ状況が変わってきています。まず、女性のユニフォームについてピンクなどのカラーが登場し始めました。ピンクは女性らしいカラーですし、女性のなかにはピンクが好き、という人もかなりたくさんいます。

そういった女性の希望から取り入れられるようになってきたのがピンクのウェアです。そのほか、スカイブルーなどのさわやかな色もユニフォームに取り入れられる傾向が出てきています。

その人の好みにあった、似合うカラーをチョイスできるという状況は働く女性のモチベーション向上につながりますし、医療機関で働きたいと思う若い世代が増える一因にもなることと思われます。

また、ユニフォームの形状についても変化が見られます。ブレザー型のウェア、パンツスーツ型のウェアなどが登場し始めているのです。

こういったウェアは女性を凛々しく見せてくれ、威厳と自信を与える効果があるといえます。医療機関での仕事は患者に安心感を与えることも大きな役目ですので、自信をもって働ける医療のユニフォームは望ましいといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です