歯医者さんの医療のユニフォームはピンクが好印象

歯医者さんというと大人でもあまり行きたくない場所ですよね。

小さい子供は特に苦手な子は多いでしょう。キーンという機器の音や歯医者の雰囲気、また口をあけるのが苦手な子や椅子に座ると緊張する子もいます。歯医者の医療現場ではそういった歯医者が苦手な人が少しでも気持ちが楽になれるように、色々な工夫をしています。

エプロンは子供には可愛い動物の柄がついたものを使用したり、椅子が倒れるとアンパンマンなどのアニメが見れるようにテレビを設置したりしているところもあります。しかし歯医者なので、ドクターや歯科助手の方とは絶対に接っしなければなりません。

ドクターや歯科助手の方のユニフォームが黒色だったりすると苦手な人にとっては怖い印象を受けますよね。そこでおすすめなのがピンク色のユニフォームです。ピンク色といっても濃いピンクではなく、淡い色の優しいピンク色です。

人はピンク色を見ると心理的に優しい気持ちになったり、穏やかな気持ちになれます。ですから少しでも医療スタッフのユニフォームをピンク色に変えるだけで、患者さんの歯医者への恐怖心を和らげることができるのです。

恐怖心がなくなれば、虫歯ができたりしてもすぐに来院してくれるようになるので、虫歯も悪化せず治療期間も短くなり、患者さんにとっても負担が軽くなります。

歯医者の医療スタッフのユニフォームを淡いピンク色にすることで、患者さんが安心して来院することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です