医療従事者のユニフォームの選定と購入

民間医療機関等において使用するユニフォームはその選定を管理者である意思が専権で行う場合もあれば、関係者スタッフによる話し合いで決める場合もあります。

これは各機関ごとでまちまちであり特に問題になることはありません。一方、公的医療機関の場合はユニフォームの選定なども含めて入札により決めるケースが多いです。

業者の選定の問題もあり透明性が必要であることとその支給されるものも税金で購入するケースが大半であることから、入札を行って決めます。

このように色々なケースがあり得る医療従事者のユニフォームですが、公的なところはともかく民間の場合は各自において決めていく流れです。

業者選定なども各機関で決めていきますがある程度は従事者関係者からの意見も参考にしないと、働く人の意欲低下になりかねず可能限り意見を聞くケースが多い状況です。

無論スーツなどでも構わない事務職の場合はほとんど気にしないものですが、その他のスタッフは見た目等のデザインや動きやすさなどを重視して決めるために、上層部が独断で決めることで失敗すると士気が下がる原因になります。

購入に当たっては民間の場合は民間で決めれば良く、公的なところは販売会社に声をかけるなどして選定に当たります。または公共入札を決めてその段取りとルールに従って決めていく流れです。

細々としたルールで事前に公表などがされている部分もあるため、その対応では特別扱いがない点が有効なやり方になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です