会社のユニフォームである事務服

中学、高校に制服があるように、働く社会人にも会社や職種によって異なるユニフォームがある場合がたくさんあります。

消防士には消防服があり調理師には調理師の服があります。それぞれの職種、作業に最も適した機能的なデザインや素材、色など様々な工夫が施されています。あまり派手な印象のないデスクワーク、事務の職種にも事務服というユニフォームがあります。

堅実なデスクワークの雰囲気にしっくりくる紺やグレーがメインカラーがほとんどで、ワイシャツやブラウスは白が当たり前になっています。最近では事務服も地味な印象ではなく明るさをプラスしてきており、ワイシャツやブラウスも淡いパステルカラーであることも増えてきています。

女性のブラウスの場合は、襟のデザインにこっていたりラインを入れてあったり、リボンを付けるものもあります。加えてふんわりとパフスリーブになっているなど女性らしさもプラスされています。

そのような可愛らしいブラウスは若い女性などに人気を集めています。その上に着るベストやジャケットもウエストが少し絞られていたり、やはり女性らしさに気をつかっているデザインが多いです。

スカートも膝丈で落ち着いていながらも、立ったり座ったりしやすくひらひらし過ぎないボックスプリーツであったり控えめなスリット入りや、しわになりにくい素材であるものがメインです。

事務服というと少し前まではとても地味で野暮ったいイメージを持たれがちでしたが、今では機能面にデザイン性も配慮されたおしゃれなユニフォームのひとつとまで言えるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です