事務職のユニフォーム

事務職は一般的には仕事の作業で汚れる事は少ないため、作業服を着用せず、私服で勤務する会社の少なくありません。

しかし、汚れる事が少ない事務職でも、お揃いのユニフォームを着用するメリットは意外と沢山あります。ユニーフォームは、着用する事で同じ会社に勤務する仲間だと言う帰属意識が高まります。

また対外的に、窓口業務等でそのユニフォームが定着すれば、企業のロゴ同様PRの意味もあります。さらに、女性にとっては可愛いらしく、格好良いユニフォームには憧れもあり、同じビジネス街にある企業なら格好良いユニフォームの会社に勤めたいと考える事も少なくありません。

中小企業等では、女性社員が昔ながらの上っ張り風の事務服を着用している姿を見受ける事も少なくありません。この例は、どちらかと言うと作業着として汚れ対策の意味なのでしょうが、現在の若い女性には非常にダサイと映っているはずです。

人手不足が顕在化している今日では、人手の確保が難しくなりつつある中小企業ほど、素敵なユニフォームで少しでも優秀な人材を惹き付ける事が必要です。

スマートで、垢ぬけたデザインで、スカーフやブラウスでお洒落の個性も発揮できる様にすれば申し分ありません。

優秀な人材確保に繋がり、自分の会社のPRにもなるなら、その費用など極めて安いと言えるはずです。こんな所まで目配せできる企業こそ、社員からも外部からも、センスのある良い会社と評価されると言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です