事務ユニフォームは長い間着ることを前提に選定する

事務のユニフォームの選定はどの企業も慎重に行っています。

そもそも会社の制服は1年や2年などの短期周期で変わるものではありません。会社の歴史とともに長い間に渡って着用することになりますので、最初のデザイン選定は大切です。

まず、確認しておきたいのは価格はもちろんのことですが、会社の顔でもあるユニフォームが今後しばらく生産される続けるかどうかという点です。

追加発注しようと思うと在庫切れだということが頻繁に起こってしまうのは問題です。事務のユニフォームといえども、制服は制服ですので、外部のお客様が会社に来た時に社員がみんなバラバラの洋服を来ているようでは制服も統一されていないのかと恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。
また、在庫切れの度に制服を刷新しているようでは会社の経費を圧迫してしまいます。一般的に会社の制服は会社が支給する場合が多いので、すぐに在庫切れになったり、素材が悪くすぐに着られなくなるような製品では困ります。

また、事務の方が長年着続けることを可能にするためには、デザインや色にもこだわらなければなりません。若い社員の方も、年を重ねた社員の方も等しく来続けることが出来る制服である必要があります。

色に関しては一般的には事務の方のユニフォームは紺色など落ち着いた色が好まれます。あまり奇抜なデザインや色にしてしまうと着る側の社員の方の好みに合わないこともありますので、万人に受け入れられる色やデザインを選定しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です